探偵

妻の浮気調査費用無料見積り相談所・探偵の選び方おすすめ

 

 

 

 

 

 

不倫調査で興信所を利用するなら、妥当な価格というものを知っておくべきでしょう。

 

 

 

相談者の困窮につけ入るような不当な高値での請求をしている業者もあるからです。

 

それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、規定外作業や割増時給だの、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、契約前に料金の発生条件について、きちんとした説明を求めるようにしましょう。

 

結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。経験値の高いプロに相談することで、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。
不倫という許しがたい理由で離婚しても異性に距離を置くようになったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという相談もしばしば聞かれます。

 

それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。

 

先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、初犯じゃなかったんです。

 

私と結婚する前から、幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。終わったものまで糾弾する気は既にありません。
浮気は男の甲斐性ですか。

 

それって本能なんでしょうか。まさか、ですよね。
謝られてもこれから一緒にいる意味がありませんし、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。
配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、慰謝料の支払いが発生することもあります。
浮気の証拠を提示されてしまえば、圧倒的に不利な立場になります。慰謝料として要求される金額は、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。

 

 

 

自分に払える額でなさそうだったら、減額が可能かどうか相談してみるのも良いでしょう。
探偵を雇って行う素行(不倫)調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。

 

 

浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、なんだかとても「得」に見えますよね。

 

 

ただ、不倫そのものがないのではと思われるときや、日数の長期化があらかじめわかるケースでは受け付けてもらえないこともあるそうです。また逆に成功したときに、かなりの代金を請求されることも多いみたいですから注意が必要です。
パートナーの浮気に気づいたときは、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、平常心を取り戻すことを優先しましょう。もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、離婚とか、そうなると慰謝料の請求なども勘案しなければいけません。二人で会う機会を作り、これから先どうしていくか相談することをおすすめします。

 

私28歳、夫36歳。

 

 

 

小2と幼稚園の子供がいます。

 

夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、夫婦双方の親同席で相談し、離婚が本決まりになりました。
幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養育していく責任があります。

 

私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士さんを頼み、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作ってもらいました。探偵業といえど競争があるのは事実で、相場より安く請け負うところやポッキリ価格で請け負う業者がよく見かけるようになりました。
とはいえ、オプションがついたりすることもあって、必ずしも格安であるとは限らないため、探偵に依頼する際は、契約前に疑問点について説明してもらい、請求トラブルにならないよう気をつけましょう。

 

 

意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。不倫していた相手が明らかになってから3年、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。時効が迫っているときは訴訟に持ち込めば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。

 

期限まで間がないときは、訴訟することを検討してみるべきです。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。
詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は用心してかかるべきです。
一度断ったのに、しつこい電話勧誘がくるのは、悪徳業者にはよくあることです。誠実な探偵業者はけしてそのような行為はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。

 

 

 

気をつけるべきなのは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。

 

要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、家計のことで責めることもしません。家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、妻としての外見への心配りも怠らず、女らしいふるまいを心がければ心が離れることもなく、浮気もないと考えているのですが、甘いですか?素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、小説やドラマなどに出てくる探偵や刑事みたいな手段で調査をすることも、ないわけではありません。

 

尾行や張り込みはもちろん、行動範囲やパターンを分析し、必要があれば周囲に聞き込みなどを行って精度をあげるようにします。

 

また、社外秘ということで公表されていない調査手法などもあるとも言われています。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、料金の発生しない無料相談を活用すると安心で良いでしょう。

 

 

家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、今まで利用したこともない業者に極めてプライベートな調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。

 

リスクや不安は少ないほど良いのですから、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。そんな仕事を例に、プロの仕事を解説します。

 

普通の調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。
依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。
探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

 

27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し、同い年の妻はパートで病院の受付をしています。

 

 

この前、あちら側の浮気が発覚しました。
指摘された妻のほうは逆ギレで、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。

 

これでは夫婦の意味がないですよね。妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは個々の道徳意識によって異なると思います。異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気だと認定する人もいるぐらいです。法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで精神的にはどうであれ不貞となるのですが、順風満帆な結婚生活を続けたければ、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えるべきでしょう。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。まずは大手や中小にこだわらず、どの地域なのかを中心に、ネット検索すれば会社の数は限定されます。
いくつか選んだところで電話をかけて、話してみることをお勧めします。

 

現場の人と話をしてみないことには、安心して任せられる業者かも判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。

 

 

再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも既婚者同士の恋愛に発展する可能性が高いです。なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

 

同窓会出席を契機に、いままでと違った行動パターンをとるようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、交際相手と一緒にラブホから車で出てくるところなどは定番中の定番といえます。
頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、証拠としては使えないレベルであるケースが非常に多いです。
ちゃんとした証拠として使えるような写真を撮影しようと思ったら、その道のプロである探偵に依頼するほうが現実的です。

 

不倫には代償がつきものとは言いますが、ある日突然、先方の奥さんから、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくるのは覚悟しておかなければなりません。

 

気になるのがその金額ですが、先方夫妻が結婚を継続するか否かで差があります。その時点で離婚していないのに非常に多くの慰謝料の請求があったら、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしてください。

 

 

探偵業者に調査を依頼する場合、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。
なにせ、2時間の調査で2万円超は見積もっておく必要がありますから、安いものではありません。

 

期間(時間数)が増えたりすれば支払いにはねかえってきますから、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。

 

 

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はその名称のみと考えていいでしょう。

 

どちらも探偵や調査を取り扱っているところは変わりないです。

 

 

 

浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じものと思っていただいて支障はないということです。
ただ、ある程度、得意不得意などもおのおのの会社で違ってくるので、そのあたりはおさえてから契約したいものです。探偵業者と一口に言っても、中には詐欺かと思うようなでたらめな業者もあるのが現実です。依頼するなら事前に情報を集め、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。ところで、不倫調査を依頼しても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。
曖昧な部分でも上限下限はありますから、料金や所要時間について、よくよく確認した上で依頼しましょう。いざ浮気調査を探偵に依頼するとなると、尾行や聞き込みなどの調査によって得た情報を依頼主に提供する探偵の業務は非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。

 

この法律が発効されたのは平成19年です。

 

 

それ以前は個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、不当な行為を働く業者による被害を未然に防ぐべく制定されたものです。

 

どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。

 

 

でも、女性も浮気しますよね。

 

同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが人と会う機会は多く、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。

 

近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが以前ほど珍しいものではなくなってきました。

 

 

探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。

 

 

 

著名な探偵社は探偵や内勤職員の教育にも積極的で当然ながら調査面にも表れてくると思います。

 

 

 

探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは違いがないですし、名前のみと考えていただいて良いでしょう。

 

 

相手方の不倫を理由に離婚するなら、第三者にも浮気が分かるような証拠がどうしても必要です。
ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。

 

 

 

それ以外にも、浮気相手に慰謝料請求を行う際に有効です。

 

同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。
しかも、事実が判明したところで、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で仕事を辞めさせることは無理でしょう。

 

 

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、まあ現実では訓戒程度で、それ以上の処分にはならずに済んでいるようです。
どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが一般的かつ確実だと思います。

 

 

良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、複数を比較することが大切です。
調査によって費用は変わるものの、その上限ぐらいは理解しておきたいですね。
高額な請求をしてくる悪どい会社を見分けるには大事なことだからです。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。

 

もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、逆にいうとそれさえあれば、心ゆくまで締めあげてやるまでです。
私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や配偶者、義両親にまで通知するケースもあるようです。転職や家庭崩壊など、さんざんな末路になるかもしれませんが、自業自得でしょう。浮気調査を探偵に依頼する際、調査にかかる費用というのは、もっとも気にかかる問題でしょう。

 

 

 

最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。

 

 

悪どい商法や詐欺まがいの会社にひっかかる懸念があるなら、先方の営業所は避けて、人の出入りが多いファミレスやカフェで顔合わせするという手段もあります。意図しない契約を結ばされるといったトラブルの防止にもなるので安心です。
不倫関係に終止符をうたせるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。

 

 

不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、賠償を求めることで、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は業者によってかなりの違いが出てきます。

 

安易に一社に絞り込まず、あらかじめ複数の業者に見積り依頼しておくことを推奨します。

 

 

そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。

 

また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、調査の無駄を省くことができ、調査費用として払うお金も少なくて済みます。

 

 

パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、ぜったい裏付けをとるべきです。

 

不倫行為の証拠といえば、やはり、不倫相手とホテルから出てきたところなど、他者から見てもクロだと判断できる写真でしょう。

 

 

 

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を得るのは危険も伴いますし、代わりに探偵社に依頼することも考えておくと良さそうです。子供も小学生で手もかからなくなってきたので、パートに出て、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、秘密裏に交際するようになり、研修と偽って旅行にも行きました。

 

ずっと家庭から出ず、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。
以前と変わったところがあったのか、すぐ主人にバレて、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、むこうからは慰謝料を請求され、私自身も離婚するという結果になり、後悔しています。パートナーの不倫が元で離婚話がうまく進まず、離婚調停が必要になる場合もあります。
裁判所から任命された調停委員が加わったうえで裁判所内で協議が行われるため、当事者のみではもつれがちなことでも、ソフトな雰囲気の中で話が進行するため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。
あまり怖がる必要はないでしょう。

 

 

ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)ことが意外に多いです。自分とのことを考えてくれている人に対し、心苦しく感じたり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。
それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、以前からの罪悪感もあって、別れようという気持ちになりやすいといわれています。

 

 

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不貞行為には違いないのですから、その対価はおそらく高くつくでしょう。
パートナーがどういう態度をとってくるかによって大きな差が出てくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、慰藉料を請求されることだってあります。不倫なんていうものは、露見してしまえば相応の代償を払って償わなければいけないのです。

 

 

探偵業者に依頼すべきかどうか迷ったら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。
所在地や取扱案件などの企業情報は、ネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。受付専任のスタッフがいて、ケースごとの見積りが出てきます。
相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、納得いくまで考えてみましょう。

 

一人で考えるより、良い解決策が見つかると思いますよ。

 

ダンナの不倫や隠し子などの探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでも誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。
物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。
でも、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、非常に難しいです。相手にバレて逆に激昂されたり揉めるといった事態を避けるためにも、調査は専門家に依頼するべきだと思います。